車買取 佐賀

MENU

車一括査定のしつこい電話を回避したい方へ

「一括査定を利用すると申し込んだ瞬間から電話が鳴りやまなくなる」というのを聞いたことがある人もたくさんいると思います。

 

そんな時以下のような事を知りたいと考えるはずです。

 

・車一括査定に申し込みをするとどれくらい電話がかかってくるのか
・なんでそんなに電話がかかってくるのか
・電話を少なくするにはどうすれば良いのか

 

ここでは、そんな上記の疑問について一つずつ詳しく解説していこうと思います。

一括査定に申し込んでからの電話は運営者からではない

一括査定の申し込みを行ってからかかってくる電話は車一括査定サイトの運営者からではありません。

 

車一括査定サービスを提供している会社とサービスに登録している買取業者は異なるのです。

 

では、どのような流れで電話がかかってくるかというと、以下のようになっています。

 

・車一括査定サイトから申し込みをする

・車一括査定サイトが申し込みを受け取る

・ユーザーの住んでいる地域の近くの買取業者に申し込みの通知が行く

・買取業者からユーザーに電話がかかってきて、査定予定日のコンタクトをとる

覚えておきたいのは、「車一括査定サイトから直接電話がかかってくるわけではない」事と、「ユーザーのエリアを担当している買取業者から電話がかかってくる」事です。

 

電話が大量にかかってくる理由

車一括査定に申し込むと電話が大量にかかってくる理由は、登録している各買取業者が、「ライバル会社よりも先にユーザーとコンタクトをとらないといけないから」です。

 

なぜ早めにコンタクトをとりたいのかというと、最初に電話をかけやり取りをした業者の方が車を買取れる可能性が高いからです。

 

一括査定に申し込みをした時の流れは以下のようになっています。

 

・電話で車の査定日を決める

・実際に車を確認して正確な査定額を決める

・交渉をした上でユーザーが売るかどうかを決める

・車を売る

上記の流れを見てもわかるように、業者はできるだけ早く査定日を決めてしまいたいのです。そして、実際に車を見せてもらった後は交渉次第では買取する事ができると考えています。

 

その為、買取業者からしたら一刻も早く実車を見せてもらう事がとても重要なのです。

 

もちろんそれだけでなく、ライバルと最も勝負しなければいけないのは査定価格です。しかし、「車売りたいからなんとなく登録しておこうかな」と思っているユーザーに先に電話をかけて査定日を決めてしまうことが業者にとっては特に重要なのです。

 

申し込みをしてからすぐに電話がかかってくるのか仕方ないの?

申し込みをするとすぐに電話がかかってくるのは仕方がないと言えます。

 

車一括査定サービスを提供しているサイトによってはオートコールシステムを採用している事があります。

 

オートコールシステムというのは、申し込みがあった電話番号にすぐに自動で電話をかけるシステムの事です。これを採用している事で申し込み後すぐに電話がかかってくるという事が起こります。

 

どこよりも先に電話をかけてしまえば、話をしている間は他の買取業者は電話をかける事ができません。その為、優先権を確保するという意味で採用されているシステムといえます。

 

このシステムのメリットは、どこよりも先に査定日を決める為の交渉が行えるということと、成約率が高くなるという事です。

 

このシステムを採用しているのは、ガリバーとビッグモーターです。

 

コンピューターが自動でかけるシステムになっている以上、ある程度の規模のコールセンターを設けていないといけないので、まだ採用していない所が多いです。

 

では、この2社を除外すれば電話がしつこくかかってこないようになるかと言われるとそうではありません。

 

ガリバーやビッグモーターを利用していなかったとしても、申し込み後、各買取業者は電話をかけるための準備を進めている為、すぐに電話がかかってくる事があります。

 

しかし、実際にどれくらいの件数の電話がかかってくるのかは利用したことがある人でないとわからないと思うので、紹介します。

 

実際に申し込みをするとどれくらい電話がかかってくるのか

各買取業者に通知が行く事と、何故電話がかかってくるのかを説明しましたが、実際どれくらいかかってくるのかも気になると思います。

 

申し込みを完了させると、1秒〜3秒くらいで着信があります。そして、出張買取等のアポ取りをする事になります。

 

その間もキャッチが入り続けて、電話中に止むことはありません。つまり、最初にかかってきた業者の電話に出ていてもその他の業者からの電話はずっとかかっている事になります。

 

1件の電話が終わった段階で、不在着信やメール連絡だけで約20件以上かかってくることになります。そして、キャッチなどの電話も含めると約50件以上の電話があります。

 

その為、電話が繋がるまでは業者は関係なく電話をかけ続けてくるのです。

 

買取業者からの電話に対しての対処法は?

上記の事を踏まえると電話がすぐにかかってくるのは仕方がないのかと諦めてしまう人もいると思います。しかし、諦める必要はありません。

 

電話を嫌う人は増えてきているのでしつこい電話を防ぐことが可能な一括査定サイトも出てきています。

 

しつこい電話を減らして車を売る事ができる一括査定サイトで特におすすめなのはユーカーパックカーセンサーです。

 

ユーカーパックとカーセンサーを利用する事でしつこくかかってくる電話連絡を最小限にする事が可能ですが、完全に防ぐことはできません。

 

それでも、対処をしない場合に比べると効果は高いので、通常よりも確実に電話の本数を減らすことができます。

 

しかし、中には申し込みの際に設定しなければいけない事もあるので特徴を踏まえて一つずつ紹介してこうと思います。

 

ユーカーパックの特徴

 

ユーカーパック

youcar

2016年にサービスが開始された中古車のオークションサービスです。

 

売りたいユーザーにユーカーパックに登録する事で車の査定をしてもらい、専用のサイトに出品するだけで車を売ることができるのが最大の特徴です。

電話対応 登録業者数 査定回数
ユーカーパック1社のみ 5,000社以上 1回のみ

ユーカーパックを利用すると、車の査定までをユーカーパック側が行ってくれるので、業者とのやり取りなどの面倒な工程を最小限にする事ができます。

 

ただ、ユーカーパックの運営している店舗等に車を出すのではありません。近くのガソリンスタンド又は自宅で、ユーカーパックが指定する方法で一度だけ査定を受ける事になります。

 

その為、査定を受ける指定日を決める為の電話が1度だけかかってきますが、それ以外には電話はかかってきません。

 

そして、査定が完了した車を専用のオークションに出品すれば、跡はユーカーパックに登録している買取業者が入札を行っていくだけになります。

 

申込を行ってから車を売るまでの流れは以下のようになります。

 

・ユーカーパックに申し込みをする
・ユーカーパックからかかってくる電話に応対して査定日を決める
・査定を受けたら専用のサイトに車を出品する
・出品された車を見て業者が入札していき、最高額を決める
・車を業者に売る

これだけの手順で車を売ることができるのでとても手軽に利用する事ができます。

 

さらに業者とのやり取りの必要がないので電話が鳴りっぱなしになるような事もありません。

ユーカーパックのデメリット

一見デメリットがないようにも見えますが、いくつかのデメリットもあります。

 

それは、

・車を売るまでに時間がかかってしまう
・査定額が一括査定に比べると少し安くなりやすい

ということです。

 

ユーカーパックにはオークションの開催期間が2日間に設定されていて、その間は車の売却は決まりません。その為、すぐにでも売りたい人には不向きだと言えます。

 

また、ネット上でオークションをして売る業者を決めるので買取業者がリスクを考えて安く査定額をつけてくることもあります。

カーセンサーの特徴

 

カーセンサー
carsenser

カーセンサーは、リクルートが運営している中古買取情報系のサイトです。

 

情報だけでなく、一括査定サイトの運営もしているので、車を売ることもできます。

 

全国で提携している業者は1,000社以上で、提携数が特に多いのも特徴です。

登録業者数 特徴 申込
1,000社以上 メール連絡希望が可能 最大30社まで申込可能

カーセンサーの特徴は以下のものが挙げられます。

・リクルートが運営している為、安心ができる
・業界でも特に多い業者登録数を誇る
・メール連絡を希望できるため、しつこい電話対応を最小限にできる

怪しい所ではなく、リクルートが運営している為、それだけでも安心感があります。また、業者登録数が1,000社以上と業界の中でもかなり多い方なので売り手を見つけやすいのも特徴です。

 

そして、その豊富な買取業者の中から30社までに申し込み申請をする事ができます。

カーセンサーで電話対応を無くす方法

カーセンサーを利用する時、しつこくかかってくる電話を減らす方法として「メール連絡希望」があります。

 

上記でも書いたように、一括査定に申し込みをすると登録されている買取業者に通知が行く事になります。しかし、メール連絡希望にしておくことで電話連絡ではなく、メールで連絡がくるようになるので、鳴りっぱなしになる状態を回避する事ができるようになります。

パソコンからの申し込み方法

カーセンサーのサイトに行き、トップの右上にある「車買取」をクリックします。

 

開いたサイトを少し下にスクロールしていくと、画面上部から「一括査定を申し込み」というポップアップウィンドウが出てくるのでそこをクリックして下さい。

 

そうすると以下のようなページが出てきます。

ページ下に「売却希望時期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック」というリンクがあるので、こちらをクリックしてください。
そうすると以下のような画面が追加で下に表示されると思います。

赤まるで囲った部分に「メール連絡希望」と入力すればOKです。

スマホからの申し込み方法

スマホの場合は、カーセンサーの公式サイトに行くと、右上にメニューと書かれた「三」のマークがあるので、こちらをタップします。
そうすると以下のような画面が右側からポップアップしてくるのでこの項目の中から「車買取」の所をタップしてください。

そうすると以下のような画面が出てくると思います。

画面の「任意項目:売却希望時期などを入力」の部分をタップしてください。

そうすると上記の画面が追加されて表示されるので、「連絡希望時間帯」という項目の所に「メール連絡希望」と入力すれば業者からの連絡がメールで来るようになります。

 

ただし、メール希望にしていても全くかかってこなくするようにはできません。電話連絡でくる業者もありますので注意してください。

 

電話がかかってくることもあるとはいっても、メール連絡希望にしているので、なり続けてしまう状態は回避する事ができます。

しつこい電話を逆手にとる

電話がかかってくること自体が嫌な場合は上記のサイトを利用すれば減らすことはできますが、その分車を高く売るチャンスを逃してしまっている可能性があります。

 

しつこくても電話がかかってくるという事は買取をしてもらえるという事です。その為、しつこい電話を上手に利用すれば通常よりも高く車を買い取ってもらう事ができるるのです。

 

つまり、「電話はかかってくるが、お得に売ることができるのは間違いない」という事です。

 

まとめ

一括査定の申し込みをした時の電話に関しての紹介をしていきました。

 

一括査定の申し込みをした際に覚えておきたいポイントを改めて確認しておきましょう。

・一括査定の申し込みをするとしつこく電話がかかってくる
・電話をしてくるのは査定日のアポを取りたいためである
・ライバルとの争いの電話を逆手に取ってしまえば車を高く売ることができる
・電話連絡自体を減らすことは可能だが、チャンスも減らしてしまうことになる
・しつこい電話を我慢すれば一括査定で高く売ることができる

一括査定を申し込んだ後の電話はとてもうるさく、しつこいが、その分高く売ることができる可能性があるので、電話を逆手にとれば損せずに済むのです。

 

しかし、どうしても減らしたいという場合には、カーセンサーやユーカーパックのように電話の本数を減らすことができるサイトもあるので、我慢ができない人はこれらを利用すると良いでしょう。